スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TS3の導入と設定

TS3 日本語wiki に親切にまとめてありますが、ここでも紹介しておきます。



まず、ここからdownload本体をダウンロードします。
WindowsのClient-32bitか、Client-64bitをダウンロードしてください。
(分からない場合は32bitでOKです)

tsdownload.png

ダウンロードしたファイルを実行し、インストールしてください。



次に、日本語化ファイルをダウンロードし実行してください。これで日本語化が完了です。
ss_20150126_000209.png


ここまででインストール完了です。


次は設定です。

まずインストールしたTS3を起動します。

おそらくセットアップウィザードが起動すると思うので、設定をしていきましょう。
ニックネームは自分のハンドルネーム、あとは「次へ」を選んでスキップしましょう。
最後は、ブックマークを開く/公開サーバーリストを開く/TeamSpeakサーバを借りる等の
チェックボックスを外して「完了」をおして完了します。
ss_20150126_000923.png

ss_20150126_000933.png


次にTS3の設定をします。
上のタブから、「設定」→「オプション」を選びます。

左のメニューから録音を選び、右のチェックボックスで設定をしましょう。
「エコー低減」、「エコーキャンセル」、「高度なオプション」にチェックを入れます。
次に、「ノイズ除去を有効にする」、「入力音量を自動的に制御する」にチェックを入れます。
完了したら右下の「適用」を押してください。
ss_20150126_001204.png


最後に、通知音声を切りましょう。
左のメニューから通知を選び、右の一覧の何もないところで右クリック、「全て選択解除」を選び
右下の「OK」を選んでください。
ss_20150126_001222.png


これで細かな設定は大丈夫だと思います。
あとは放送で一緒に調整しましょう。


ちなみに接続するときは、
上のメニューの「接続」→「接続」を選んで、
サーバアドレスにハヤトのIPアドレスを入れて接続を押せばOKです。
IPアドレスは放送上で伝えます。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。